第3回 鳥取ゴールド二十世紀梨収穫隊

実施日:2015年01月28日
活動場所:鳥取県 中部地方(三朝町、倉吉市、湯梨浜町)

~自然相手の農業を実感、農家の苦労や出荷、流通までを学ぶ~
西日本に接近した大型で強い台風16号と今夏の猛 暑続きの影響で、二十世紀梨の収穫はいつもの年より 早くほとんどの地域で終盤を迎えていました。例年なら 9月下旬頃までは収穫が続いているとの事で、今年は梨 の総採りを計画していましたが、残念ながら僅かな量し か残ってなく、5月の“小袋かけ支援”から参加している 援農隊員も自然相手の農業を実感しながら、物足りな さを感じる収穫作業になりました。
 援農の合間に梨の選果場の見学や農産物直売所の 立ち寄り、農家の方々とのお話や交流会など二十世紀 梨を育てて収穫、出荷するまでの苦労話や、出荷から流 通まで学ぶことの多い3日間でした。今回はJA都市農 村交流全国協議会の方々の「猫の手援農隊」の視察研 修などもあり、JA鳥取中央の役職員の皆様をはじめ、 多くの方々にお世話になりました。ありがとうございまし た。援農隊の皆様お疲れ様でした。      (松本 浩志)
デリケートな梨は一つ一つ丁寧に袋がかかったまま収穫します。
  • イベント

広報誌「ふれあい」

広報誌「ふれあい」

ふるさと倶楽部の会員の中で、ご希望される方に向けて無料配布

機関紙「つなぐ」

機関紙「つなぐ」

JAグループや各法人のみなさんに本会の事業に関わる情報をお届けしています。

協会案内ダウンロード

協会案内がPDFファイルでダウンロードして頂けます。

QRコード

メールマガジン登録

  • 日本農業検定
  • 資格取得研修会 旅程管理研修会
  • 子ども農山漁村交流プロジェクト研究会
youtube