民族芸能と農村生活を考える会 イベント情報

「第29回民俗芸能と農村生活を考える会」
~宮城県登米市 県指定無形民俗文化財『上町法印神楽』~
【9月15日(金)より申込受付開始】

入場無料
「第29回民俗芸能と農村生活を考える会」
~宮城県登米市 県指定無形民俗文化財『上町法印神楽』~
【9月15日(金)より申込受付開始】

 「民俗芸能と農村生活を考える会」は、日本人の心のふるさとである「農村」に伝わる伝統芸能を鑑賞し、その背景にある地域の暮らしを知ることによって、都市住民の方々と農林漁業・農山漁村の現状を考えることを目的としています。今回は宮城県登米市に伝わる「上町法印神楽(カンマチホウインカグラ)」保存会の皆様をお迎えして開催させていただくことになりました。

 上町法印神楽は、豊里町稲荷神社の例大祭に奉納されてきた神楽で、県指定無形民俗文化財にもなっています。稲荷神社が現在の場所に移されたのは寛文2年(1662)と伝えられており、上町法印神楽は、旧暦の9月15日に山伏の法寿院が中心となって、開拓の竣工と豊作を祈念した例祭を行った際、奉納されたものが始まりといわれています。
 法印神楽は、東北地方独特のものとして出羽三山などの各地の霊山で修行する山伏などによって伝えられてきたもので、上町法印神楽もその一つと考えられています。

 上町法印神楽は、神話などを題材に舞人が「カンナギ」というせりふを、胴取りと呼ばれる太鼓打ちが神歌を唱え、それにあわせて笛が曲調を奏でます。演目は18番伝えられ、現在は毎年10月の体育の日の前日に開催されている稲荷神社の例大祭に奉納されています。

《特別公演スケジュール》
>第1部 : 登米市の紹介(登米市の歴史、文化、農業、暮らしについて)
>第2部 :「上町法印神楽」特別公演(以下の3演目)
 ①道祖(どうそ)、②宇賀玉(うがだま)、➂産屋(うぶや)
 ※公演の内容・演目は、一部変更となることがあります。
 ※ロビーでは登米市の特産品を普及販売するミニ特産品コーナーもございます。
⇒「上町法印神楽」専用ページは、こちらをクリック

お申し込みはこちら

【開催要項】

開催日時平成 30 年 2 月 17 日(土)
 13時開演 (12時開場)

※15時30分閉演予定
※開演後の入場は、他の鑑賞者の皆様の迷惑となりますので、固くお断りさせて頂きます。
開催場所日本教育会館3階「一ツ橋ホール」

東京都千代田区一ツ橋 2-6-2

【アクセス】
●都営新宿線・半蔵門線 / 神保町駅(A1出口)徒歩3分
●都営三田線 / 神保町駅(A8出口)徒歩5分
●東京メトロ東西線 / 竹橋駅(北の丸公園側出口・1b)徒歩5分
URL:http://www.jec.or.jp/
駐車場はございませんので、鑑賞者の皆様は最寄りの公共交通機関をご利用願います。
申込方法
■1 ホームページから


下記の【お申し込みはこちら】ボタンよりお申し込み下さい。

➡ 申込時に自動返信されたメールが「入場整理券」となります。当日必ずプリントしたものを会場受付へお渡しください。
➡ 携帯電話・スマートフォン等の画面の提示では受付の手続きができませんので、ご注意願います。


《ご注意》ご提示頂けない場合、申込内容の確認のため、当日受付に並んで頂きますので、入場までに大変時間がかかります事、ご承知おき願います。



■2 往復ハガキを使って、下記の申込事項を記入の上、お申込み下さい。


➡ ①郵便番号②住所➂氏名(フリガナ)④電話番号
➡ 「2名以上」でのお申し込みの場合は、鑑賞希望者全員の申込事項(①~④)を必ずご記入願います。
➡ 往復ハガキの到着後、「返信用ハガキ」に「入場整理券」を印刷したものを返送致します。(受付後2週間程度所要)
➡ 往復ハガキの返信用あて先には、申込者(代表の方)の申込事項(①~④)を忘れずにお書き下さい。


《ご注意》「入場整理券」ご提出頂けない場合、申込内容の確認のため、当日受付に並んで頂きますので、入場までに大変時間がかかります事、ご承知おき願います。
申込先〒101-0021
東京都千代田区外神田1-16-8 Nツアービル4F
 (一社)全国農協観光協会
「民俗芸能と農村生活を考える会」係


★お申込の際は、以下の禁止事項(3項目)を承諾の上、お申し込みください。ご承知いただけない方は、お申込みをご遠慮願います。

(1)会場内での飲食、飲酒。
(2)ストロボ・フラッシュ等の写真撮影。
(3)主催者が指定した場所(※)以外でのビデオ機器等による動画撮影。
 ※ ビデオ機器等による動画撮影を希望する方は、主催者側の「指定するエリア」のみ許可致しますが、1名での複数席のご利用は禁止致します。また、同「指定するエリア」は会場内の後方席のみとなります。
 ※ 毎年、多くの鑑賞者より苦情が出ておりますので、本会係員が発見した場合は、公演会場から退席して頂くことになりますので、ご理解・ご承知置き下さい。
申込締切日平成30年1月15日(月)

※申し込み締め切り日前、定員600名となり次第、受付を締め切らせて頂きます。
お申し込みはこちら
民俗芸能と農村生活を考える会

広報誌「ふれあい」

広報誌「ふれあい」

ふるさと倶楽部の会員の中で、ご希望される方に向けて無料配布

機関紙「つなぐ」

機関紙「つなぐ」

JAグループや各法人のみなさんに本会の事業に関わる情報をお届けしています。

協会案内ダウンロード

協会案内がPDFファイルでダウンロードして頂けます。

QRコード

メールマガジン登録

  • 日本農業検定
  • 資格取得研修会 旅程管理研修会
  • 子ども農山漁村交流プロジェクト研究会
  • 子ども農山漁村交流プロジェクト研究会
youtube