「鳥海山の郷を訪ねる旅」 3日間

実施日:2015年01月29日
活動場所:秋田県 由利本荘市

鳥海山麓トレッキング
~地元の方と自然とのふれあい・本海獅子舞番楽の鑑賞が好評でした~
東京にて今年2月、本会主催の「民俗芸能と農村生活を 考える会」で、秋田県由利本荘市鳥海地域に伝わる民俗芸 能「本海獅子舞番楽」の保存会(講中)を迎え、公演して頂 きました。当企画は鳥海山麓の当地を訪ねて人・自然・歴 史にふれあうための旅でした。

【7月24日(日)晴れ時々曇り】


 参加者12名のうち10名が東京駅集合、大宮駅にて2名 が合流して大曲駅へ向いました。
大曲駅から貸切バスにて 由利本荘市へ向けて出発。まず由利本荘市の今野さんの ご案内で「折渡千体地蔵」を見学、続いて「赤田の大仏」を 遠藤地区会長、初瀬前地区会長よりご案内して頂きました。 その後、羽後本荘駅へ移動し、渡部駅長の出迎えを受け、 鳥海山ろく線に乗車、車内では おばこ姿のアテンダントさんより 美味しい桜茶のサービスもあ り、「冷たい桜茶が心にしみてい ます。」との声も聞かれました。
矢 島駅に到着後、鳥海荘へ向か い、夜の交流会は由利本荘市 の伊豆課長さんより歓迎のご挨 拶を頂き、秋田民話の会の豊 島さん、茂木さん両名の「秋田 民話の語り」を拝聴しました。
【7月25日(月)晴れ時々曇り】

 ホテルから約3分移動したところでJA秋田しんせいリン ドウ部会の三船会長さんと圃場主の村上さんにお出迎え 頂き、鳥海りんどうのご説明(品種の多さ、栽培の苦労、東 京へ市場拡大希望など)を受け「鳥海りんどう摘み体験」を 行いました。摘んだものは水あげ・包装・荷造りをお願いし て翌朝引き取ることにしました。
 その後、鳥海観光案内人の会の代表眞坂さんと合流し、 「鳥海山麓トレッキング」及び「法体の滝」のガイドをして頂 きました。トレッキングは距離が短かったため、「もう少し歩き たかった」との声が聞かれました。
 昼食後に向かった花立牧場公園では小さな牛乳工場の 説明を受け、牧場を見学しました。


 夜はいよいよ本海獅子舞番楽の公演です。
猿倉講中の2 演目「祓い獅子」「三人立」を鑑賞いたしました。「祓い獅子」 はお祓いと祈願の獅 子舞で、「三人立」は 三人の武者による勇 壮な舞です。大好評 で「もっと見たかった」 「間近で見て感動し た」「伝統芸能を若い 人に守ってもらいたい」などの声が印象的でした。
【7月26日(火)曇り一時雨のち晴れ】

 最終日には、前日の鳥海りんどう(一人5本ずつ)を受け 取り、矢島見どころ案内人の東海林会長さんと合流し、秋 田県最古の農家の遺構(国重要文化財)土田家など5ヶ所 をガイドして頂きました。「道の駅 東由利」で昼食と買い物 をし、予定どおり大宮駅、上野駅、東京駅で数名ずつ下車 され、解散となりました。 「自然と共生する事の楽しみを感じました。」「人数も企画も 良いし、鳥海山がすごく良かった。地域の方々も親切でし た。」などのご感想を頂戴いたしました。
 参加して頂きましたみなさん、お世話になった現地のみな さん、本当にありがとうございました。
(竹之内 進吾)
鳥海山ろく線車内にて
秋田民話を拝聴した交流会
  • イベント

広報誌「ふれあい」

広報誌「ふれあい」

ふるさと倶楽部の会員の中で、ご希望される方に向けて無料配布

機関紙「つなぐ」

機関紙「つなぐ」

JAグループや各法人のみなさんに本会の事業に関わる情報をお届けしています。

協会案内ダウンロード

協会案内がPDFファイルでダウンロードして頂けます。

  • 日本農業検定
  • 資格取得研修会 旅程管理研修会
  • 子ども農山漁村交流プロジェクト研究会
youtube