りんご摘果隊

実施日:2017年06月02日
活動場所:長野県中野市

小さなりんごの実を丁寧に摘んでいきます。
今年も「りんご摘果隊」実施しました!
6月2日から長野県中野市にてりんごの摘果作業を行ないました。3日間・2日間コースを実施し、20名の援農隊の皆さんにご参加いただきました。

摘果は大きいりんごを育てるために不要な実を取り除く作業です。

りんごの花は5つの固まりで咲きますが、果実が一番大きくなる中心の花(中心花)以外は取り除きます。
また、傷がついた実、中心花でも小さい場合は最も大きい実を残します。
残す実や葉などを傷つけないよう、木によって生育具合も異なるので、一つひとつ丁寧に行う必要があることを学びました。

作業に集中しつつ、ポキッポキッと摘んでいく音、風に揺れる葉の音、澄んだ広い空にリフレッシュすることができました。

2日目の夜は、農家さんも交えた交流会。
今年は15回目の実施となり、近況報告やこれまでの笑い話、苦労話などなど昔話に花が咲きました♪
この地は「ふるさと」を作詞した高野辰之の出身地でもあります。交流会の最後に「ふるさと」を合唱し、
農業や自然に思いを馳せる時間となりました。

少し肌寒い中の作業となりましたが、皆さんお疲れさまでした。
後から結果が出てくる摘果作業。10月の葉摘み隊・11月の収穫隊が楽しみですね。
またお会いできる事を楽しみにしております!
3日間、晴天に恵まれました!
作業中の一休み。農家さんと交流する大切な時間です。
  • イベント

広報誌「ふれあい」

広報誌「ふれあい」

ふるさと倶楽部の会員の中で、ご希望される方に向けて無料配布

機関紙「つなぐ」

機関紙「つなぐ」

JAグループや各法人のみなさんに本会の事業に関わる情報をお届けしています。

協会案内ダウンロード

協会案内がPDFファイルでダウンロードして頂けます。

QRコード

メールマガジン登録

  • 日本農業検定
  • 資格取得研修会 旅程管理研修会
  • 子ども農山漁村交流プロジェクト研究会
youtube