民俗芸能と農村生活を考える会

民族芸能と農村を考える会とは?

「地域文化で日本を元気にしよう!」をテーマに、農山漁村地域に古くからある“民俗芸能”の価値・魅力を「地域の人たち自身に気づいてもらい、地域全体で共有し、外に発信する」という新たな循環を作り、地元愛を倍増させ、国内外の訪問者を増やすなど、真の意味での地方創生に繋げることを目的として、取り上げる民俗芸能のある地域の県庁所在地で開催します。

 

イベント情報

活動報告


「公演する民俗芸能のご紹介」

●「津和野弥栄神社の鷺舞(つわのやさかじんじゃのさぎまい)」 [国の重要無形民俗文化財]  
  弥栄神社に伝わる古典芸能神事。 
  津和野の鷺舞は、京都から山口を経て伝わったものと言われています。
  途中、戦乱の世に伴って一旦廃絶するものの、江戸初期に京都の祇園会の鷺舞を直接移し伝え
  それが今日まで継承されてきている大変貴重な民俗芸能です。   
  雌雄一対の鷺を先頭に舞方、囃子方などが唄や囃子に合わせて舞を披露します。
  詳細はこちら↓↓
    津和野町観光協会 鷺舞神事(さぎまいしんじ)ページ





●「日原奴道中」「青原奴道中」 [津和野町指定無形民俗文化財]
 
 

・日原奴道中(にちはらやっこどうちゅう)
 菅原道真の鎮魂が始まりといわれ、日原天満宮の秋季大祭に合わせて行われます。
 毛槍や摺箱を持った長持を先頭に、約40人の行列が繰り出します。





日原奴道中
・青原奴道中(あおはらやっこどうちゅう) 
 参勤交代の出迎えの儀式を再現した伝統行事。
 黒紋付きの羽織衣装が特徴で、長持ち唄に合わせ、ゆっくり練り歩きます。



日原奴道中




活動報告


広報誌「ふれあい」

広報誌「ふれあい」

ふるさと倶楽部の会員の中で、ご希望される方に向けて無料配布

機関紙「つなぐ」

機関紙「つなぐ」

JAグループや各法人のみなさんに本会の事業に関わる情報をお届けしています。

協会案内ダウンロード

協会案内がPDFファイルでダウンロードして頂けます。

QRコード

メールマガジン登録

  • 日本農業検定
  • 資格取得研修会 旅程管理研修会
  • 子ども農山漁村交流プロジェクト研究会
youtube